うかたま編集部が、いろいろなことをお知らせします。
2015.12.04 (Fri)

うかたま41号、明日発売です!

いよいよ本格的に寒くなってきましたね。
明日発売のうかたま41号は、そんな季節にうれしい、アツアツ・ホクホクのいも特集です。

栄養たっぷりで貯蔵が効いて、世界中で愛されてきたじゃがいもにさつまいも。古く縄文時代から食べられ、縁起ものとして大切にされてきた里いも。そんないもへのリスペクトの気持ちを込めた特集です!
レシピページでは、世界各国、そして日本の各地域に伝わるいも料理が盛りだくさん。「いももち」という名の料理がなんと4つも登場します…笑。でも、見た目や味付けはそれぞれ違うんです! 面白いですよね。いったいどう違うのか、ぜひお手に取ってお確かめください!(^^)!

uka41.jpg

2015.09.04 (Fri)

うかたま40号のおトクな情報!

明日発売のうかたま40号。今号は10周年記念ということで、綴じ込み付録つきです。その名も「お取り寄せBOOK うかたま市場」。これまでうかたまで紹介してきたおすすめの食べものや雑貨を、生産者から直接購入できるカタログです。ほとんどの商品が量産品ではないため、インターネットでは見つけられないような、レアなものばかり。気になるものはぜひ注文してみてくださいね。
BOOKはカッターなどで本誌から切り離してご利用ください。FAXでご注文の際は、裏表紙にある注文用紙、もしくは以下からダウンロードしたシートを使っていただくと便利です。ぜひご活用ください。


ファイルをダウンロード

2015.09.04 (Fri)

うかたま40号、明日発売です!!

おかげさまでうかたまは創刊10周年を迎えました! 読み続けて支えてくださった読者の皆さま、本当にありがとうございました。
さて大事な節目ということで、長ーいタイトルの特集をくみました。これまでご紹介してきたレシピの中から編集部のおすすめ100品をまとめたものです。「赤豆いり五目ずし」「蓮根と車麩のアチャラ漬け」「タイ風バジル丼」…何号かで一度見かけた方もいるかもしれませんね。聞き慣れない方も、ご安心を。どれも台所にある材料でできるものばかりです。そのほか、オーブンなしで焼けるパン、農家がつくる野菜たっぷりのおかず、ジンジャーエールやどぶろくなどの飲みものやお酒…毎日のごはんに、おやつに、おもてなしに、役立つレシピが盛りだくさん。「今日のごはんは何にしよう?」と迷ったとき、役立つこと間違いなしの永久保存版です。今号もうかたまをどうぞ、よろしくお願いいたします!!


uka40.jpg

2015.06.05 (Fri)

本日、うかたま夏号発売です!

今号の表紙、実はカレーを表現しています。
カレーの中で豚や牛が食べられまいとスプーンから逃げているんです。下はご飯粒。わかります?

そして、特集の「カレー&ピース」。なんでカレーと平和?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。でも、よくよく考えると、カレーに欠かせないスパイスは世界各地から届くもので、やはりカレーに欠かせないご飯は日本でできるもの。それが一皿の中に存在している、カレーって実は平和な料理なのです。

今回はスパイスからつくるカレー、カレー粉から作るカレー、つくりおきできるカレールウなど、さまざまなレシピがありますので、料理初心者もカレーマニアも満足してもらえるのでは?と思っています。

サンマのつみれ、かぼちゃ、鹿肉、梅干しと、カレーの具材もいろいろです。この夏は、うかたまを台所に常備して、新しいカレーに挑戦してみてください。

uka39hyoushi.jpg

2015.05.02 (Sat)

群馬・片品村の育児サークル「ムラノコ」始動開始!

連載「いーからかん人生相談」で、カヲルさんとともに活躍中の「みっちゃん」こと瀬戸山三智子さんが、村のお母さんたちとともに育児サークル「ムラノコ」を立ち上げました!

子どもが多くはない村内でも、子ども同士の遊び場や遊び方を再発掘したい! そんな思いから「ママ目線の「片品マップ」をつくろう」と、現在クラウドファウンディングに挑戦しています(5月18日〆切)。

詳細は以下から。ぜひ、のぞいてみてください♪
http://kibi-dango.jp/info.php?type=items&id=I0000084

2015.03.05 (Thu)

うかたま春号、本日発売です!

おはようございます。
うかたま10年目の春は、元気よく「朝ごはん」特集でスタートです!

今号は「100人の朝ごはん」と題して、これまで誌面でお世話になった、職業も年代もお住まいの地域も異なる100名の方の朝ごはんを紹介しています。
朝ごはんから、それぞれの方の生活スタイルや食への考えも垣間見え、楽しんで読んでいただけるかと思います。
編集部としても、この10年を振り返る大切な特集になりました。

その他、枝元なほみさんの餃子特集、休日の朝食にうれしいスコーンやケークサレのレシピなども登場します。

今年は創刊10周年ということで、夏号以降も気合いを入れて特集を組んでいきます。
それでは、今号もよろしくお願いします!

38hyo-shi%28%E5%9C%A7%E7%B8%AE%29.jpg

2015.02.24 (Tue)

「にっぽん・食の哲学塾2015」で編集長の中田がお話させていただきます

3月1日開催の、「にっぽん・食の哲学塾2015 第二回鳴子温泉郷編」にて、「うかたま」編集長の中田が登壇し、お話させていただくことになりました。

NPO法人 鳴子の米プロジェクトが主催する本イベントは、「日本の食・農・地域のためにできることをみんなで考えよう」と始まったもの。2回目の開催となる今回は、哲学塾塾長で民俗研究家の結城登美雄さん、宮城大学事業構想学部・宮原育子教授を講師に迎えての講演、そして地元のみなさんとの徹底討論が行われる予定です。
中田は、これまで行なった全国各地の生産者の取材についてレポートさせていただきます。

地元の方に限らずどなたでもご参加いただけますので、お時間の合います方はぜひ足をお運びください。
よろしくお願いします。

※詳細は、以下よりご確認ください。
http://www.komepro.org/?p=154